①4種類の収入源(キャッシュフロー・クワドラント)

これからネットワークビジネスというものがどういうものかを説明していくわけですが、まず最初に4種類の収入源について考えてみたいと思います。

「金持ち父さん、貧乏父さん」を書いたロバート、キヨサキによれば収入には4つのタイプ(キャッシュフロークワドラント)があるそうです。

ロバートキヨサキは下のような表を用いて説明しています。

表の左側は自力で収入を得る方法で得た収入は労働収入と呼ばれます。

表の右側は他力で収入を得る方法で得た収入は権利収入とよbレます。

1.労働収入

まず表の左側から説明します。左側の収入は労働収入と呼ばれます。自分で働いて得る収入ですね。

労働収入は働くなってしまうと収入が途絶えてしまいます。

Eクワドラント=従業員(Employee)

左上は従業員(Employee)です。サラリーマン、OL,公務員、アルバイトなどがこれにあたります。

どこかの会社や機関で働いてお給料をもらっている人達ですね。

もちろん職種によってお給料の額は大きく変わってきます。

しかし、使われる立場なので自由はききません、労働時間に拘束されますしリストラされる危険もあります。

Sクワドラント=自営業者(Self-employed)

左下は自営業者(Self-employed)です。医者、弁護士、公認会計士、小さな商店、レストラン、塾などの経営者がこれにあたります。

働く時間やどう働くかは自分で決めることができますが、顧客は自分で探してこなければなりません。

経営がうまくいっているうちは良いですが、悪くなりだすと失業したり大きな借金をかかえることもあります。

2.権利収入

次に表の右側に移ります。右側は権利収入と呼ばれ自分で働かなくても得られる収入のことを言います。いわゆる不労所得ですね。

Iクワドラント=投資家(Investor)

まず右下の投資家(investor)から説明します。株の運用、不動産オーナー、最近ではFXや仮想通貨のトレーダーなんかも投資家と言えるでしょう。

自分のかわりにお金に働いてもらって収入を得ている人達ですね。

投資が成功するといいのですが、失敗すると大きな借金をかかえる可能性があります。

Bクワドラント=経営者(Business Owner)

最後に経営者(Business Owner)について説明します。こちらは人や権利に働いてもらってお金をもらっている人達です。

例えば作家、作曲家など、著作権や印税をもらうことができます。著作権や印税は本や音楽が売れている限りはお金が入ってきますがそこまでいくのが大変です。

大企業の経営者、フランチャイズのビジネスオーナーなんかも従業員や傘下のフランチャイズのお店がかせいだお金の一部を働かずに得ることができます。

大企業の経営者になるためには大きな資金が必要ですし、会社の経営がうまくいかなるとすべてを失う可能性もあります。

ネットワークビジネスはどこのクワドラントに入るか

このサイトで紹介しているネットワークビジネスは最後の経営者(Business Owner)に入る仕事になります。

ただ作家や作曲家などと違うのは特別な才能がなくても普通の主婦や社会人ができるという点です。

また大企業の経営者と違ってほとんど資本金なしで始められるというところが違います。

そして何よりすばらしいのはいったんネットワークを築いてしまえば自分が働かなくても収入が継続的に入って来る権利収入を得られるようになることです。

そうした意味でネットワークビジネスは大きな可能性を持ったビジネスと言えるでしょう。

 

参考文献

「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」 ロバート・キヨサキ 筑摩書房

2018年8月15日