②ネットワークビジネスとは

1.ネットワークビジネスは口コミビジネスである

前回ネットワークビジネスはBクワドラント(経営者)のカテゴリーに属すると説明しましたが、今回はネットワークビジネスというにはどういうビジネスかを説明していきたいと思います。
ネットワークワークとは簡単に言えば口コミビジネスの事です。例えばTVなんかで良く宣伝している青汁とかセサミンみたいなサプリメントはネットワークビジネスの商品になりやすいものの一つです。ああいうサプリをテレビとかで宣伝すると莫大な広告費がかかるわけです。ネットワークビジネスでは広告費をかける代わりにその製品を愛用している人に他の人に勧めてもらうという方法をとります。そして愛用者が勧められた人が製品を買った場合勧めてくれた紹介者に紹介してくれたお礼を払うというシステムです。

2.ネットワークビジネスで権利収入が得られる理由

でも紹介料をもらうだけでは自分が人に製品をすすめなければお金は入ってきませんから労働収入であって権利収入ではありませんね。ここにネットワークの秘密があるのです。下の絵を見てください。

あなたが3人の人にネットワークビジネスの製品を紹介したとします。ネットワークビジネスではこのことをスポンサーするといいいます。そしてあなたがスポンサーをした人のことをダウンと呼びます。(1世代目ダウン)。あなたがスポンサーした1世代ダウンがまた3人の人をスポンサーしたとします。するとあなたのおかげで9人の人が製品を愛用するようになります(2世代目ダウン)。すると会社はあなたにとても感謝するわけです。そして1世代目と2世代目を合わせた12人のダウンを作ってくれたお礼を払ってくれます。

もちろん2世代目の紹介料は1世代目の額より小さいですが、人数が多いのでそれなりの金額になります。

2世代目ダウンがまた3人の人をスポンサーすれば1世代ダウン(3人)、2世代ダウン(9人)、3世代ダウン(27人)合わせてあなたは39人の人をスポンサーしたことになります。会社はこれをあなたが築いたネットワークと考えグループ全体でどのくらいの製品が買われたかということであなたに資格をくれます。その資格によってあなたに特別なボーナスが払われるというシステムです。

このようにあなたが知らないところで他の人が製品を紹介してくれるようになるとあなたは自分が働かなくてもお金が入ってくるようになるわけです。これがネットワークビジネスで権利収入が得られる理由です。

3.ネットワークビジネスは教育ビジネスである

しかし実際には人をスポンサーすることはそんなに簡単にいくものではありません。ダウンを作るためには製品や報酬プランについての詳しい知識はもちろんのこと、ネットワークビジネスに参加してダウンになることによってダウンにはどのような利点があるのかを説明できなければなりません。さらに大切なのは自分のダウンがその次のタダウンを作れるように指導してあげなければいけません。

よくネットワークビジネスは物を売るビジネスだと誤解されるのですが、ネットワークビジネスはスポンサーのやり方を教える教育ビジネスと考えたほうがいいでしょう。あなたはスポンサーのやり方を教える先生であり、あなたの仕事はあなたのダウンを次の先生に育てることなのです。

4.ネットワークビジネスはどんなアップに指導してもらえるかが最も大切

あなたをスポンサーしてくれた人のことをネットワークビジネス用語ではアップといいますがあなたがネットワークビジネスで成功できるかどうかはあなたのアップがどんな人なのかがとても大切です。なぜならネットワークビジネスは教育ビジネスであり、アップはあなたの先生だからです。良いアップに出会えればダウンをどのように獲得していくか、あなたのダウンを次のダウンを獲得できるように育てていくかを教えてもらえるからです。ですからネットワークビジネスを始める時には信頼できるアップを選ぶようにしましょう。

あなたのアップはあなたにネットワークビジネスの成功の秘訣というバトンを渡してくれる人であなたの仕事はそのバトンを次のダウンに手渡すことなのです。

2018年8月16日